アンダーヘアの処理を脱毛サロンでする(メリット・デメリット)

MENU

アンダーヘアの処理を脱毛サロンでする場合のメリット・デメリットについて

 

ではここで、アンダーヘアの処理を脱毛サロンですることによる、メリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

アンダーヘアの処理を脱毛サロンですることによるメリットについて

メリットの1つ目は自己処理が楽になるということです。デリケートゾーンのアンダーヘアは放置しておくと、モジャモジャになってしまいますので、脱毛サロンのVIO脱毛によって自己処理の回数は減り、脱毛が完了すれば、自己処理を殆どやらなくて済むようになります。脱毛サロンでは永久脱毛は出来ませんので、全く必要がなくなるという訳にはいきませんが、それでも自己処理には時間がかかりますから、その時間のロスがなくなるのは大きなメリットと言えます。また自己処理によって肌に負担をかけることもなくなり、周辺の肌もキレイになって、脱毛直後のチクチク感にも悩まされなくなるのも嬉しいところです。

 

メリットの2つ目はオシャレな下着や水着が着られるということです。オシャレな下着や水着は布の面積が小さいものが多く、毛の量が多いとはみ出して恥ずかしい思いをしてしまいます。アンダーヘアの脱毛を済ませれば、それらの下着や水着も自由に選べるようになります。

 

メリットの3つ目は生理時のムレや臭いが軽減されるということです。アンダーヘアが多いと特に生理時にムレやすくなり、独特のモワッとした臭いがしがちになりますが、アンダーヘアの脱毛をすれば、そうしたムレや臭いの軽減にもつながります。デリケートゾーン自体も衛生的な好ましい清潔な環境になり、良い気分になれると思います。また経血が毛に付着することもなくなりますので、下着や服を汚す心配もなくなるのもメリットといえるでしょう。

 

メリットの4つ目はコンプレックスとの関わりで、アンダーヘアが剛毛でキレイでないだけで引け目を感じていた人が、見た目にもキレイに脱毛してもらうだけで、自分に自信が持てるようになります。

アンダーヘアの処理を脱毛サロンですることによるデメリットについて

1つ目は羞恥心の問題についてです。つまり施術をしてもらう際に、お尻やデリケートゾーンをすべて見せるのは恥ずかしいと思ってしまうということです。施術するスタッフはプロの女性でやり慣れていますし、本来は全く気にする必要はないのですが、それでも慣れるまでは恥ずかしいと思ってしまうかもしれません。しかし現在では、紙パンツやタオル等で部分的に隠しながら施術してくれるサロンもありますので、慣れてくれば平気になれるとは思います。

 

2つ目は痛みについてです。アンダーヘアは皮ふの薄い部位に生えた太く濃い毛ですので、どんな最先端の機器を使って施術するとしても、他の部位の脱毛と比較すれば痛みは強いと思われます。しかしデリケートゾーンは照射範囲が狭く、施術もすぐ終わりますので、一時的に我慢すれば良よいとも言えます。

 

3つ目は脱毛効果の出方についてです。一般的にデリケートゾーンの脱毛効果は、他の部位より遅いと言われています。個人差はありますが、平均すると8回〜15会は必要であると言われ、長ければ2年はかかると言われています。

 

4つ目は脱毛後の見た目についてです。デリケートゾーンの脱毛の際に、あまりにキレイにしすぎますと、帰って不自然に見えることがあるからです。アンダーヘアもある程度必要で生えている筈なので、それをまるきりなくしてしまえば弊害もあるかもしれません。ですので、モジャモジャではないが、見た目にキレイな形に整えられていれば、人からも自然に見えるようにすると良いと思います。

 

医療脱毛と脱毛サロン、どっちがおすすめ?へ

 

おすすめの脱毛サロンならココ!