医療脱毛と脱毛サロン、どっちがおすすめ?

MENU

医療脱毛と脱毛サロン、どっちがおすすめ?

 

ではここで、医療脱毛と脱毛サロンでの脱毛とを比較してみましょう!先にお話ししておきますが、私のおすすめは脱毛サロンでの脱毛です。この理由について詳しくお話していきたいと思います。

 

医療脱毛ではレーザー脱毛という、レーザーによって毛の細胞自体を破壊する医療行為によって脱毛を行いますが、脱毛サロンでは、光或いはフラッシュ脱毛という低出力の脱毛方法によって脱毛を行います。まず毛根にダメージを与える回数を重ねることにより、徐々に毛根を弱らせていき、最終的に脱毛をさせるという仕組みです。個人差はあるものの、医療脱毛で5〜6回で完了するものが、脱毛サロンの光脱毛は10〜18回の来院が必要とされています。それぞれ2〜3ヶ月に1回づつ通ったとして、医療機関なら大体1年、脱毛サロンなら2〜3年はかかると言われています。ここまでの話を総合しますと、医療脱毛の方がいいことづくめのようにも思われます。

 

しかし費用の面から見ますと、クリニックやサロンによって違いはありますが、医療脱毛の場合は平均しますと、1度に払う費用が脱毛サロンの2倍であることが多いと言われています。医療脱毛ではレーザー脱毛機の購入費や維持費が高めですので、脱毛サロンで使っているフラッシュ脱毛の機器より、よりお金がかかってしまうのだそうです。また医療脱毛は毛根という細胞を破壊する医療行為であり、本来の病気の治療とは違い美容外科の範疇に入りますので、保険が適用されないという事情もあります。広告費や人件費等もかかるのです。

 

高出力のレーザーによる脱毛は脱毛サロンよりは早く済みますし、永久脱毛も可能ですから、万が一の時にも医師がすぐに対応してくれるのは、確かに医療脱毛の利点かも知れません。一方で高出力の機器による脱毛には、低出力のフラッシュ脱毛による脱毛よりも火傷のリスクは当然高くなります。勿論スタッフはプロですから、細心の注意をしながら施術してくれるとは思いますが、やはり火傷やトラブルのリスクは残念ながらゼロではありません。また一部の最先端の脱毛機器を備えたクリニック以外での医療レーザー脱毛では、多少の痛みを伴うことも避けられませんので、その痛みのために医療脱毛を諦めてしまう人もいる程です。その他にも肌のバリア機能が一時的に失われ、ニキビが出来やすくなってしまうということもあります。

脱毛サロンの脱毛の評価について

一方脱毛サロンの脱毛の評価は広告よりも、利用者の口コミによって広まっているのが特徴です。また消耗品等のコストカットによって、設備やサービスの充実を図るということを、実行しているサロンもあります。また医療機関での脱毛と違って例えば両ワキを数百円で行う等の、各種キャンペーンを行っているサロンも数多くあります。料金を安くすることでお客さんを増やし、脱毛メニューを増やしやすくしている柔軟性は、脱毛サロンならではと言えるでしょう。また接客ビジネスでもあることから、良質な接客と施術とアフターケアを行い、最近では強引な勧誘をするサロンは少なくなってきているそうです。

 

脱毛効果の出方こそ医療脱毛程早くはありませんし、長期間通えばそれなりに費用もかかります。しかし低出力で施術するために痛みが少なくなって、肌に負担がかからないようにしていることは、脱毛サロンでの脱毛の大きな魅力の1つですし、長期間かかる脱毛については、期限を設けずに無制限にした通い放題プランを設定するサロンも増えてきており、女性に嬉しい美肌効果のある成分を配合したジェルを使用したり、施術後のアフターケアでも美肌効果のあるクリームやローション等を、用いるサロンも少なくありません。また万が一の時のためにドクターサポートのシステムを導入しているサロンが多いことも、脱毛サロンのご利用を強く奨めたい理由の1つなのです。期間がかかっても金銭的な負担を考え、痛みの少ない脱毛法によって、自己処理の非常に楽な状態にまでは脱毛してくれる脱毛サロンの脱毛を、是非ご利用になっていただきたいと思いますね!

 

おすすめの脱毛サロンならココ!