アンダーヘアの処理を自分でする(メリット・デメリット)

MENU

アンダーヘアの処理を自分でする場合のメリット・デメリット

 

ではここで、アンダーヘアの処理を自分でするメリットやデメリットについて、お話していきたいと思います。

アンダーヘアの処理を自分でするメリット

道具は使いますが、低コストで出来る

剃刀・電気シェーバー・毛抜き・ブラジリアンワックス等があれば済ませられるので、リーズナブルにセルフケアが出来るということです。剃刀や電気シェーバーや毛抜きはドラッグストアやスーパー等でも市販されていて、数百円で購入することが出来ますし、ブラジリアンワックスは何処ででも売っているとは言い切れませんが、やはり市販のものもありますし、手作りをすることも可能です。低コストで手軽にセルフケアが出来るのは、アンダーヘア処理の大きなメリットと言えます。

痛みを自分でコントロールできる!

アンダーヘア周辺の肌はデリケートゾーンとも呼ばれるだけに弱く敏感ですので、毛抜きやブラジリアンワックス等を使いますと、痛みが生じてしまう場合もありますが、剃刀や電気シェーバーであれば、自分でコントロールしながら剃ることが出来ますので、痛みは少ないと言われています。但し処理をした後の肌をそのまま放置してしまいますと、剃刀負けを起こす可能性がありますので、処理は丁寧に行った上で処理後の保湿も忘れずに行うようにしてください。

恥ずかしい思いをしなくて済む

アンダーヘアの脱毛をクリニックやサロンで行ってもらう場合、デリケートゾーンをプロのスタッフの女性であるとは言え、見られることになりますので、やはり恥ずかしいと思ってしまいがちです。しかし自宅で自力で行えば誰にも見られることがありませんから、恥ずかしいと思う必要もないことになります。

アンダーヘアの処理を自分でするデメリット

デメリットの1つ目は埋没毛に関すること

アンダーケアの自己処理は気を付けていても、皮ふを傷つけてしまう場合があり、カサブタができてしまいますと毛穴の邪魔になって毛が生えてこなくなる可能性もあるのです。また剃刀での処理によって毛先が鋭敏になってしまい、そのまま皮ふの中を貫通してしまう等の原因によって、埋没毛が増えてしまう可能性も出てきます。これはデリケートゾーンの皮ふの弾力が弱く、毛の生える方向が揃っていないために起こりうることなのです。

デメリットの2つ目は色素沈着に関すること

アンダーヘアを剃刀で剃った場合には肌の表面も一緒に剃ってしまいがちですので、その際にメラニンが形成されてしまう場合があります。メラニンとは本来は肌を保護する働きをするものですが、黒い色素のものですので過剰になってしまいますと、色素沈着や黒ずみの原因になってしまうのです。これはデリケートゾーンに限らず、皮ふの弱い部分には起こりやすいことなのです。3つ目は感染症に関する懸念についてです。先程からお話しているようにアンダーヘア周辺の皮ふは薄くデリケートですので、剃刀等で傷付いたところからバイ菌が入り込んで繁殖してしまい、毛のう炎と呼ばれる赤いブツブツができて、膿んでしまう危険性があります。また人に伝染る可能性もある感染症ですので、処理の際には十分に注意する必要があります。

デメリットの3つ目は毎回時間がかかってしまうということ

自己処理ではやはり時間が経てばまたアンダーヘアが生えますのでその都度処理をしなけれないけません。回数を重ねることによりさらに上記のデメリットの危険性が増してしまうので注意が必要になってきますね。

苦労してきた私のおすすめとしては・・・

アンダーヘアの処理を自分でする場合のメリット・デメリットについて解説しましたが、やはりメリットよりもデメリットのほうが大きい感が否めません。その場しのぎで、と考えるよりもずっと長い期間においての処理ということを考えるならば、おすすめとしてはきちんとした脱毛器で処理するか脱毛サロンかクリニックでの処理を私としては推奨します。実際、カミソリで失敗することが多かった私の考えですが。。。

 

医療脱毛と脱毛サロン、どっちがおすすめ?へ

 

おすすめの脱毛器ならコレ!

 

おすすめの脱毛サロンならココ!