アンダーヘアの処理って必要?要らない?

MENU

アンダーヘアの処理って必要?要らない?

 

アンダーヘアの処理って必要?要らない?

女性であればムダ毛は非常に気になりますから、ワキや腕やスネの毛の処理をしているという人は多いと思いますが、ではアンダーヘアはどうでしょうか。気にはなっても場所が場所だけに、処理が必要なのかどうか迷っている人も多いのではないかと思います。そこでここでは、アンダーヘアの処理が必要なのかどうかということについて、お話していきたいと思います。

 

アンダーヘアとは主にVラインに密集して生える所謂陰毛のことですが、普段は下着や服で隠れているため、処理をしなくても特に問題はないように思われがちです。しかし実際にはVライン周辺に毛が密集したままですと、トイレに入ったり入浴したりする時以外は隠されているわけですから、日が当たらない閉じられた狭い空間ということになりますし、殊に女性は生理ナプキンやおりものシートを使用しますので、通気性が悪くなりやすい部位なのです。そして男女を問わず暑い夏は特に汗をかきやすく、雑菌の繁殖しやすい部位であることから、肌の黒ずみや臭いがひどくなりやすいとも言われていますので、ある程度のアンダーヘアの処理は必要なのです。

 

また毛深い傾向にある女性は下着や水着だけになった時に、毛がはみ出して恥ずかしい思いをる可能性もあるため、最低でもはみ出さない程度には処理しなければなりません。勿論ある程度まで自己処理をすれば困りはしませんが、出来ればVIOゾーンの脱毛にも対応している脱毛サロンやクリニックで、キレイに脱毛をしてもらえば、ムレにくくなって肌の黒ずみや臭いの生じる可能性も減り、Vラインのゾーンを清潔な環境に保つことが出来ます。但しアンダーヘアの生えている部分はデリケートゾーンとも呼ばれるだけに、肌が薄く繊細にできているため、自己処理で済ませたい人は、特に注意して慎重に処理を行う必要があります。

 

もし自宅で自己処理をしたい場合はカミソリなどを使い、Vラインの形に整えるのがお勧めです。特に小さめの逆三角形の形に整えますと下着や水着にもおさまりやすくなり、自然な仕上がりになりますので、男性からも好まれると言われています。その他女性らしい丸みのあるタマゴ型やI型(長方形)型でも、アンダーヘアの面積が少なめになりますので、下着や水着に合わせたい人にはお勧めです。自己処理をする際には、前もって該当箇所に蒸しタオルをして毛を柔らかくしておき、毛をあらかじめ短めにカットしておいてから剃ると良いでしょう。皮ふの柔らかい部位ですので肌を引っ張りながらカットしておき、処理の済んだ後は乾燥や肌荒れを防ぐため、十分な保湿とケアをするようにしてください。ですが毎回カミソリなどでの自己処理では時間も無駄ですし皮膚も荒れやすくなってしまうので一番おすすめは出来ない方法ですね。。。

 

アンダーヘアの処理を自分でする(メリット・デメリット)へ

 

アンダーヘアの処理を脱毛サロンでする(メリット・デメリット)へ